アダラートが二個支え合って映ってる写真

アダラートの効果と頻尿・吐き気などの副作用

アダラートは高血圧や狭心症の治療薬として用いられる薬です。血圧が常に高いと動脈壁に過度の負担がかかり、血管が硬く脆くなってスムーズな血流が妨げられます。こうした動脈硬化の症状が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。アダラートは血圧を下げることによって、血管の負担を和らげ動脈硬化を予防します。
アダラートはカルシウム拮抗剤と呼ばれる薬の一種です。血管の細胞はカルシウムを取り込むと収縮する性質があります。アダラートは血管壁のカルシウム受容体の働きを阻害することで、血管を拡張させ血圧を下げる作用があります。特に心臓の血管に強く作用するため、狭心症の治療薬として高い効果を示します。また網膜や腎臓、脳など全身の血管に作用を及ぼし、高血圧の弊害を改善します。
アダラートは強力に血圧を下げるため、未成年や高齢者の服用には注意が必要です。比較的よく見られる副作用として、吐き気・頭痛・紅潮・頻尿などがあります。吐き気や頭痛などは、急激に血圧が変化することによって起こります。また血管が拡張し、頭の血流量が増加すると顔が赤くなり、腎臓の血流量が増加すると頻尿になると考えられます。他の利尿剤や降圧剤と併用すると、頻尿だけでなく血圧が下がりすぎて、意識が薄れることもあります。車を運転するときなどには十分な注意が必要です。
アダラートには早産を防止する作用もあるとされていますが、妊娠初期のうちは慎重に用いなければなりません。飲み合わせの悪い薬も多く、またグレープフルーツジュースと一緒に飲むと副作用が出やすくなります。もしも吐き気や手脚のむくみ・しびれを覚えたときは、すぐに医師を受診することが大切です。